八ヶ岳ブランド-商標登録net > 八ヶ岳ブランド情報 > きたやつハム

きたやつハム

きたやつハムは、畜産物の生産振興と特産品による観光振興を目的として、1987年、八千穂村(現佐久穂町)に特産センターハム工場として開設されました。

雄大な八ヶ岳連峰の東になだらかに広がる八千穂高原の豊かな自然環境は、ハム・ソーセージの本場ドイツと気候風土が似ています。このため、最高の品質にこだわったハムやソーセージ、ベーコンを生産することができます。
八ヶ岳山麓は、火山地帯特有の天然の軟水が湧き出るため、地下600mから汲み上げたハム作りに適した水を、塩のミネラルが溶けやすい天然の原料として、ハムやベーコン作りにおいて使用しています。

きたやつハムでは、味覚の違う5種類の塩をブレンドし、八ヶ岳山麓の天然の軟水をより生かした最適な配合の塩を使い、豚のうまみを引き出します。

ハムの材料となる豚は、地元信州八ヶ岳周辺で育てられたものです。
昼夜の温度さが大きく、年間平均気温が低い高冷地で育った豚は、本場ドイツのハム・ソーセージ作りに使われている豚肉に負けない逸品です。

きたやつハムでは、伝統的なドイツの製法にこだわります。
ベーコンには肉に塩をすり込む乾塩法で、ロースハムには塩水に漬け込む湿塩法で、手間暇をかけて製造しています。

着色料や保存料、増量剤は一切使っていません。
平成12年度長野県畜産賞「最優秀賞」、平成13年度中央畜産会畜産大賞「優良賞」なども受賞しています。